音声入力について(朝礼スピーチより)

カテゴリ: 朝礼スピーチ

2017年10月に「Google Home」「Amazon Echo」など主要なスマートスピーカーが発売され、音声入力がより身近になりました。
発売当時の調査では、「日本人の7割が人前で音声検索するのは恥ずかしいと感じている」という結果でしが。
当時の反応としてよくあったのが、
「外で使うと独り言を言っているように見え、不審者扱いされる」
「OK,googleや、Hey,Siriというのは恥ずかしい」
「機械に話しかけること自体に抵抗がある」
といった内容でした。

近頃はコマーシャルなどで「アレクサ、○○して」というのが流れたり、結構一般化してきたと思われます。
そもそも、子どもは音声入力は意識せずに色々興味を持ち話しかけたり
すんなり入り込めたと思います。
では、大人はどうか。
こちはは、慣れや音声機能の制度が向上したり、
みんなが使っているからという安心感で徐々にですが、
受け入れてきたと思われます。

一方で気になるのが、音声データの取り扱いについて、Amazonの従業員が「Alexa」の音声記録の一部を聞いていることが報道されました。
個人情報を守ろうと意識しているのに、簡単に洩れてしまうような事にもなっています。
矛盾はありますが、個人個人が気をつけないといけないと感じました。




ADPS人事給与システムWeb勤怠管理、クラウドによる給与明細電子化・給与明細配信ホームヘルパー管理システムは、人事給与システムのエキスパートである、株式会社アイ・ティ・シーまでお問い合わせください。
2019年04月15日(月)

コメントを書く

注目のアイテム

注目のVideo

モバイル版はコチラからどうぞ