違う視点からの改善(朝礼スピーチより)

カテゴリ: 朝礼スピーチ

先日、ネットニュースなどで殺虫剤のパッケージに関する記事がありました。

殺虫剤といえば、お店の売り場に並んでいる時は「何に効くのか」をはっきりさせるため、害虫のイラストや記号化されたマークでパッケージに記載されています。
今までは購入して家に置いてもパッケージはそのままで、害虫が嫌いなユーザーにとっては「イラストであっても見るのが辛い」・「お客さんに見られたら”害虫が出る家だ”と思われてしまうのでは」との思いから、目に付きにくい場所に隠したりしてとっさの時に使えない場合もあったようです。

今回発売された新パッケージは、中身の薬剤はそのままで外側のビニールを剥がすとシンプルなデザインに変わるようになりました。
害虫を連想させる表示が無くなっただけですが「これならキッチンに置いても気にならない」とSNSなどで評判になったそうです。

従来、商品の改善というと新機能の追加や本体そのものを変えようと試行錯誤しがちですが、本体は変えなくても外見だけ変えることで改善に繋がるのかと感心しました。

IT業界では市販ソフト以外ではパッケージを気にすることはありませんが
画面の見た目だったりデータの表示方法を工夫することで
お客様に「新しくなった」と感じてもらうこともできるのかなと思いました。




ADPS人事給与システムWeb勤怠管理、クラウドによる給与明細電子化・給与明細配信ホームヘルパー管理システムは、人事給与システムのエキスパートである、株式会社アイ・ティ・シーまでお問い合わせください。
2018年04月18日(水)

コメントを書く

注目のアイテム

注目のVideo

モバイル版はコチラからどうぞ