独自規格の不便さ(朝礼スピーチより)

カテゴリ: 朝礼スピーチ

先日、自宅から少し離れたお店に買い物に行こうとして
自転車のタイヤに空気を入れていたら、前輪がパンクしてしまいました。

私が使っている自転車はタイヤ径が8.5インチととても小さく
海外製のベビーカーや電動車いすなどに使われているタイプのものです。
近所の自転車屋さんを調べて問い合せたところ「対応しかねる」という回答でした。

歩いて30分程度かかるところにあるお店でようやく受け入れてもらえることになり
持って行きましたが、調べてみるとバルブの根元が裂けていて
通常のパンク修理は不可能ということでチューブ交換となりました。

ところが、8.5インチのタイヤチューブはお店に在庫が無いため
自分で調達して持ち込んでくれれば交換作業を行うということでした。
結局自転車はお店に預ってもらい、後日ネット通販で見つけたチューブを持って行って
交換してもらいました。

コンパクトな折り畳み型で、その見た目の珍しさと
畳むと場所を取らない実用性に一目惚れして買った自転車ですが
一般的な自転車と違うパーツだったため修理に余計な時間が掛かってしまいました。

ITの世界も日進月歩で新しい技術やサービスが生まれていますが
従来のものとあまりにも違いすぎると調整やメンテナンスで苦労することもあるので
汎用性も考慮に入れた開発も大切なのではないかと感じました。




ADPS人事給与システムWeb勤怠管理、クラウドによる給与明細電子化・給与明細配信ホームヘルパー管理システムは、人事給与システムのエキスパートである、株式会社アイ・ティ・シーまでお問い合わせください。
2018年03月19日(月)

コメントを書く

注目のアイテム

注目のVideo

モバイル版はコチラからどうぞ