SPring-8と芝桜

カテゴリ: 記事(画像あり)

福園です。

4月27日(日)に、友人たちと3人で播磨科学公園都市内にある大型放射光施設「SPring-8」および周辺施設の一般公開に行ってきました。



一般公開の参加は今回で3度目になります。
写真右側の巨大な円形の施設が「SPring-8」で、左上の細長い施設がX線自由電子レーザー施設の「SACLA」です。

まずはSACLAの方へ行くことにしました。



SACLAは全長700mあり、増幅された強い電子を当てることで1個の細胞内のたんぱく質を構成する原子まで
観測することができる、いわゆる顕微鏡のような施設です。
700mもありますが「SACLA」の”C”は「コンパクト」の”C”で、アメリカやドイツにある同様の施設は3km前後あるとのことで
このサイズを実現できたのは日本の技術だからこそなんだとか。
実際、入っている機械も日立や三菱といった名だたる国内企業ばかりでした。

続いてSPring-8の方へ。





中央管制室や円形部分の内部まで入ることができました。
まっすぐ進む電子を強力な磁石で少しずつ曲げて、ぐるぐる周回させることで増幅させているのですが
電子を曲げる際に放射線が出てしまうので、職員は全員線量計を持っているのだとか。

「私は13年勤務していますが、しっかり管理されているので1ミリシーベルトを超える値になったことはありません」
と仰っていたのが印象深かったです。

SPring-8と周辺施設を一通り見た後は、夢前町にある「ヤマサ蒲鉾 夢前工場」へ芝桜を見に行きました。



少しまばらでしたが綺麗でした。
夕方近くに着いたこともあってか、日が当たっていた場所の花はしおれかけていました。

「ヤマサ蒲鉾」といえば、姫路の新名物「チーかまドッグ」です。
工場前に売店が出ていましたので、しっかり食べてから会場を後にしました。

これからしばらくは友人たちと出かけるイベント事は予定されていませんが
面白そうな情報があったらまた誘ってみたいと思います。




ADPS人事給与システムWeb勤怠管理、クラウドによる給与明細電子化・給与明細配信ホームヘルパー管理システムは、人事給与システムのエキスパートである、株式会社アイ・ティ・シーまでお問い合わせください。
2014年04月28日(月)

コメントを書く

注目のアイテム

注目のVideo

モバイル版はコチラからどうぞ