営業ツールとしてのiPad、Androidタブレット

カテゴリ: 営業マンから

システムの営業の大事なプロセスとして「デモ」があります。

お客様に営業所まで来ていただいて実演していた時代を思いますと、ノート
PCでデモ環境を持ち歩けるようになったことだけでも充分有難いのですが、
プロジェクタを使って大きな画面で見ていただく場合を除き、いろいろな制限
のためにうまく演出効果をあげられないことがあります。
画面がどうしても暗かったり光源が映り込んだり、そもそも、画面自体が
小さくてアピールしたい内容を伝えきれない、などなど。

そんなとき、実際にiPadを活用した営業を見せてもらう機会があり、iPadや
タブレットPCを使えばもっと有効に情報をお伝えできるということに今更ながら
気がつきました。

一見大した違いはないように思えますが、まず、製品自体が薄くて軽いので、
ノートPCを「よいしょ」と持ち上げて画面を見ていただくような場面でも、iPadで
あればそれ自体をお客様に手にとっていただいてじっくり見てもらえます。

そして決定的に違うのは、キーボードではなく画面に表示されたものに触れて
(直接操作して)思うがまま見てもらえるということです。
画面にタッチするという方式もここまで進化してくると、一点をポイントするだけの
時代とは比べ物にならないほど、こちらの意思に沿った操作が思いのままに
できます。

この、画面のマルチタッチという操作方法がまさに革命だと言って過言ではない
例として、内蔵カメラの操作性があります。
一般の人-カメラのプロでもない人-が、ファインダーを覗いてシャッターを切る
という動作から開放されて、画面の中の、自分がフォーカスしたい部分をタップ
するだけ、ズームさせたいときも画面で指を広げるだけ、というほうが圧倒的に
使いやすいのは誰の目にも明らかで「普通の人がシャッターチャンスを逃さない
時代」をもたらしたのだと言えます。

プライベートでもすぐにでも持ちたいと思いましたが、制式ツールとして支給して
もらえるぐらい営業活動をがんばろう!と気分をあらためた出来事でした。




ADPS人事給与システムWeb勤怠管理、クラウドによる給与明細電子化・給与明細配信ホームヘルパー管理システムは、人事給与システムのエキスパートである、株式会社アイ・ティ・シーまでお問い合わせください。
2011年07月01日(金)

Comments are closed.

注目のアイテム

注目のVideo

モバイル版はコチラからどうぞ