中国人技術者との交流 エピローグ

カテゴリ: 営業マンから

前回、来日して開発業務を行っていたITC中国法人の技術者を「左様なら」
と見送ったお話を記事にしましたが、今回はこのシリーズの締めくくりです。

前からとても好きな言葉がありまして、有名な言葉なのでご存知の方も多く
いらっしゃるかと思いますが、このたびの交流でさらにまた好きになった言葉
を紹介したいと思います。

宇宙飛行士 サルマン・アル=サウド の「名言」として多くの共感をよんでいる
この言葉です。

 最初の一日か二日は、みんなが自分の国を指さした。
 三日目、四日目は、それぞれ自分の大陸を指さした。
 五日目には、わたしたちの目にはたったひとつの地球しか
 写っていなかった。

阪神大震災のときも今回の震災のときも、たとえば憤りを覚えるような
マイナスイメージの話より、すばらしい感動のエピソードをよく聞きます。

性善説も性悪説もどちらも正しいのだとは思いますが、少しでもアル=サウド
の言葉を思い出せる場面に多く接することができたら幸せなことだと思います。




ADPS人事給与システムWeb勤怠管理、クラウドによる給与明細電子化・給与明細配信ホームヘルパー管理システムは、人事給与システムのエキスパートである、株式会社アイ・ティ・シーまでお問い合わせください。
2011年06月17日(金)

Comments are closed.

注目のアイテム

注目のVideo

モバイル版はコチラからどうぞ